【春ドラマ一覧】 【春アニメ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【ドラマRANK】
なつぞら
ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート
スパイラル 町工場の奇跡
バラエティーテレビ番組 2019年特番
陸海空
月曜から夜ふかし。
世界ナゼそこに?日本人
吉田類の酒場放浪記
いだてん〜東京オリムピック噺〜
神ちゅーんず ~鳴らせ!DTM女子~

【春ドラマ一覧】 【春アニメ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【ドラマRANK】

腐女子、うっかりゲイに告る。

『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』は、作家・浅原ナオトの小説である。表紙イラストは新井陽次郎。2018年2月21日にKADOKAWAから単行本が刊行された。2019年4月からNHK総合の「よるドラ」において、『腐女子、うっかりゲイに告る。』のタイトルでテレビドラマ化され放送中。著者の浅原ナオトは同性愛者であることをカミングアウトしており、本作のタイトルに「ホモ」を使用したことについて「僕が伝えたかったことは性的マイノリティは少ないというだけで、実はどこにでも存在するものだということ。それなりに年を重ねてきて、おそらく同性愛者に出会ったことのない人なんて殆どいないのではないかと思う。そんな同性愛者をバカにしている人たちがこの本を手にすることで、マイノリティについて考えてくれることを期待する意味を込めてこのタイトルにした」とカクヨム内での自身のサイトにある「近況ノート」で述べている[3]。またカミングアウトを行った際に「ホモ」という言葉に強く自分らしさを感じているとも述べている。

予告
【YouTube】[1-1]

腐女子、うっかりゲイに告る。 第1話
【9tsu】[1-1]
【Pandora】[1-1

腐女子、うっかりゲイに告る。 第2話
【DailyMotion】[1&2
【9tsu】[1-1]
【Pandora】[1-1

腐女子、うっかりゲイに告る。 第3話
【DailyMotion】[1-1
【9tsu】[1-1]

腐女子、うっかりゲイに告る。 第4話
【DailyMotion】[1-1
【9tsu】[1-1]
【Pandora】[1-1

腐女子、うっかりゲイに告る。 第5話
【DailyMotion】[1-1
【9tsu】[1-1]
【Pandora】[1-1

【春ドラマ一覧】 【春アニメ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【ドラマRANK】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語でのみコメント出来ます。