【春ドラマ一覧】 【春アニメ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【ドラマRANK】
ノーサイド・ゲーム
いだてん〜東京オリムピック噺〜
まどろみバーメイド 〜屋台バーで最高の一杯を。〜
それぞれの断崖
恋の病と野郎組
だから私は推しました
べしゃり暮らし
そして、生きる
あなたの番です
ランウェイ24

【春ドラマ一覧】 【春アニメ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【ドラマRANK】

よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~

『この女に賭けろ』(このひとにかけろ)は、周良貨原作、夢野一子作画による日本の漫画作品である。 1993年から1997年に『モーニング』(講談社)で連載された。全167話。単行本はモーニングKCから全15巻が発行された。都市銀行で働く女性総合職の主人公が大胆な発想と行動力で、業績不振の支店の立て直しを皮切りに活躍する様子を描いた作品。
中堅都市銀行・よつば銀行の女性総合職・原島浩美は、グループでも成績最下位の台東支店への異動を命じられる。渉外担当となった浩美は、支店の業績を上げるために新規取引先の開拓を提案。顧客ニーズの的確な把握と大胆な交渉で、これまで獲得できなかったシンワ商事との取引に成功する。その後も浩美は、顧客のために銀行が果たす役割とは何かを中心に考えながら、負債を抱えていた渡辺興産のテーマパーク事業に道筋をつけ、ベンチャー企業の日本マイクロテクノロジーを企業乗っ取りから救う。多額の負債を抱えた城北総合開発の再建に本店と共同で携わることとなった浩美は、バブル期によつば銀行の勧めるままに融資を受けたことが負債の原因であり、その窓口となったのが副頭取の島津だったことを知る。交渉の場に島津を引き出したものの結果的に同社の再建は失敗し、浩美と台東支店は副頭取に目をつけられる。主演:真木よう子、丸山隆平、塚本高史、寺脇康文、古谷一行、柳葉敏郎 【動画視聴】

【春ドラマ一覧】 【春アニメ一覧】 【テレビ番組一覧】 【ブログランキング】 【ドラマRANK】