【2019冬ドラマ一覧】 【アニメフェスタ】 【人気ブログランキング】 【ドラマランキング】
人生が楽しくなる幸せの法則
ハケン占い師アタル
刑事ゼロ
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
ザンビ
まんぷく
家売るオンナの逆襲
相棒 season17
さすらい温泉 遠藤憲一
BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-

家売るオンナの逆襲

『家売るオンナ』は、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は北川景子。天才的不動産屋・三軒家万智。彼女に売れない家はないという。客の抱える個人的な問題をも慧眼で察知し、容赦なく関わりながら、家という人生最大の買い物を型破りな方法や手段で豪快に売りまくる彼女の働き方・生き方に、次第に周りの人間も影響を受け、感化されていく。 Read More…

いだてん〜東京オリムピック噺〜

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』は、2019年1月6日より放送予定のNHK大河ドラマ第58作。主演:中村勘九郎、阿部サダヲ、綾瀬はるか、生田斗真、森山未來、役所広司
日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック開催を決めた1936年(昭和11年)のベルリンオリンピック(1936年)を挟んで、1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催までの52年間の知られざる歴史を、日本人初のオリンピック選手となった「日本のマラソンの父」金栗四三と、東京オリンピック招致に尽力した田畑政治(日本水泳連盟元会長)の2人の主人公をリレーする3部構成で描く。 物語は五代目古今亭志ん生が語る架空の落語『オリムピック噺』という形式で、随所に志ん生自身の人生も挿入され、その視点で見た明治から昭和までの東京の変遷も描かれる。 Read More…

イノセンス 冤罪弁護士

『イノセンス 冤罪弁護士』は、日本テレビ系「土曜ドラマ」で2019年1月19日から放送されているテレビドラマ。主演:坂口健太郎、川口春奈、趣里、杉本哲太、草刈正雄、藤木直人 Read More…

いつかこの雨がやむ日まで

『いつかこの雨がやむ日まで』は、「オトナの土ドラ」枠で2018年8月4日から9月29日まで放送されていた日本のテレビドラマ。略称は「いつ雨」。主演:渡辺麻友、堀井新太、吹越満、木村祐一、斉藤由貴

ミュージカル女優を夢見る少女であった森村ひかりは、15年前に兄・國彦が恋人のミュージカル女優・麻美を殺害した犯人として逮捕されたことから、人生が一変してしまう。殺人犯の妹となり、母方の姓に変え、北園ひかりとして息をひそめるように闇の中で生きてきた。ひかりは、キャバクラで働き、精神的に病んだ母・由布子を支えながら、劇団ウミヘビでミュージカル女優になる夢を追い続けていた。ひかりは、幼なじみの谷川和也と15年ぶりに再会する。そして服役を終え出所してきた國彦から「麻美を殺していない」と告白される。その國彦が接触した劇団の舞子が不審な死を遂げる。ひかりは、劇団主宰の天竺に新公演「ロミオとジュリエット」のジュリエット役に抜擢されるが、劇団に居られなくなる危機に陥る。15年前にひかりを守ると約束してくれた和也に救われ、ジュリエット役を失うものの、自分の居場所である劇団に戻れることができた。しかし、今度は照明の落下事故が起きて新ジュリエット役の芽衣が負傷し、劇団の活動は一時休止となる。國彦は、麻美の姉・千尋の家に匿われていたが、千尋から麻美のお腹の子の父親が天竺だと告げられる。千尋・麻美の父で政治家の矢吹は、金で15年前の麻美殺害事件の担当刑事だった剛田に目撃者の少年・和也の記憶を改ざんさせていた。天竺は再びジュリエット役にひかりを充てるが、ひかりの目の前で死ぬ。國彦が歩道橋から転落し、意識不明で病院に運び込まれる事態が発生する。

Read More…

インベスターZ

『インベスターZ』は、三田紀房による日本の漫画。投資をテーマにした作品で、実在の人物や、『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』や『マネーの拳』の登場人物も登場する。主演:清水尋也、早見あかり、柾木玲弥、岩井拳士朗、工藤綾乃、大和田伸也

北海道札幌市にある道塾学園は、全国屈指の学業成績を誇る私立の男子中高一貫校。炭鉱開発や漁業によって財を成した豪商・藤田金七により創設された。彼の方針により、開校以来生徒やその家族には授業料などの金銭的負担を一切かけないことになっている。 入学試験満点の成績で道塾に入学した財前孝史は、始業初日の放課後に野球部の活動に加わろうとしていたところ、ちょうど野球部まで案内するという先輩に出会う。しかし、行先は校内図書館奥の扉からさらに先にある地下室であった。そこでマージャンをして遊んでいた数人の生徒は、自分たちは学校の運営資金を稼ぎ出す投資部であると名乗る。 財前は、得体の知れない投資部という存在に疑念を抱きながらも、マージャンで遊べるのならということで活動に参加することにする。 株式、ベンチャー企業への投資といったいろんな分野での資金運用を行っていた財前は、道塾の創設者・藤田金七の玄孫である藤田美雪と知り合い、自身の曽祖父・財前龍五郎が投資部の設立者であることを知る。ベンチャー企業への投資の会合で、美雪の兄・藤田慎司と知り合い、些細なことから口論になり、投資部の存続を賭けた三番勝負を行うことになる。 1番目のFX(外国為替証拠金取引)取引は、僅差で財前が勝利。2番目の不動産投資は財前の油断もあって、投資への情熱を再確認した慎司が勝利。3番目は、財前の勝利となる。 新年度になり、財前が新入部員候補を部室の入口まで連れ出したところで物語は終わる。

Read More…